近くの寮や社宅に住める!住み込み求人の3つのメリット

理想的な求人をみつけよう

理想的な求人を探すことは、長い時間と手間がかかります。しかし、理想的な求人を見つけることができれば毎日楽しく働くことができるでしょう。求人探しには手を抜かないようにしましょう。

求人情報を見るときの注意点

賃金や給与に注意

求人情報をチェックするときに、なによりも重要視しておきたい項目が賃金や給与です。給与は月給や月収、年俸など様々で、書かれている数字は同じでも実際の手取りが変わる場合があります。月給とは、一ヶ月毎の給料です。月収は、ボーナスなどを含めた年収を12回に分けて算出するものです。

労働時間や休日に注意

労働時間や休日にも注意しておきましょう。特に気にしておきたい項目が残業と週休二日制です。残業をしたくない人は、残業ありと書かれている求人情報には応募しないようにしましょう。また、週休二日制と似ている言葉に完全週休二日制というものもあります。週休二日制は、週二回の休みが一ヶ月に一回以上ですが、完全週休二日制は週二日の休みが毎週必ずあります。自分の働きたいスタイルで決めるようにしましょう。

職種に注意

仕事によっては、◯◯アドバイザーや、◯◯プランナーなど横文字で書かれている職種もあります。しかし、職種の名前は企業がイメージでつけることもできます。「職種の名前から想像していた仕事とは違った」というケースも多くあるので、職種だけで判断するのではなく、仕事内容にもしっかり目を通しておき調べておくようにしましょう。

近くの寮や社宅に住める!住み込み求人の3つのメリット

履歴書

生活費をおさえられる

住み込み求人の最も大きなメリットは、生活費をおさえられることです。住み込み求人は会社や工場が用意している寮や社宅に宿泊することができるので、家賃だけではなく光熱費や水道代もかからないことがほとんどです。もし費用がかかったとしても格安です。都市部の賃貸アパートや賃貸マンションは家賃が非常に高いので、都市部での住み込みの仕事は特に節約することができます。家賃や光熱費などの生活費をおさえることで、給料の大半を浮かせることができ、貯金することができるでしょう。そのお金を趣味に費やすこともできますよ。

職場が近い

会社や工場が用意している社員寮や社宅は、社員が快適に通勤できるように職場の近くに建てられていることが多くあります。距離が遠くてもバスや電車一本でいける場合がほとんどです。そのため、通勤に余分なストレスがかかりません。住み込みでない状態で会社に行くときは、場合によって相当な体力と時間を要することがありますが、職場が近いとそういった心配もありません。通勤で体力を消耗することがなく、仕事に全力で打ちこむことができます。

仲間や友達ができやすい

多くの住み込み求人は、寮や社宅に同じ会社の人が住んでいます。すぐ近くの部屋に同じ会社の人が住んでいるという点はメリットです。初めて働き始める人も、寮や社宅に会社の人がいることで、いろいろ教えてもらうことができるでしょう。地元を離れ、友達がいない状態でも、住み込みならばすぐに仲間や友達をつくることができます。会社に知り合いができないといった不安を解決することができるのです。住み込みの仕事で働く場合は、同じ社宅や寮の人と積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

住み込み求人は誰にでもおすすめ

上記をみて分かるように、住み込み求人にはいくつものメリットがあります。住み込み求人は、地元をはなれて生活費をおさえたい方や、会社でたくさんの友人をつくりたい人、通勤にストレスをかけたくない人など多くの人にオススメできます。

広告募集中